恋愛事情

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

佐々木譲の関連情報

☆最下部の関連情報も是非ご覧ください☆
______________________________________________

恋のライバルだけにはこのホームページを教えないで下さい。

もし、あなたのライバルがあなたよりも行動力があり、

そしてこのノウハウをあなたよりも先に知ることがあれば、あなたは大事な人をとられます。


携帯メールはすごく重要な恋愛ツールの1つです。


『へ?携帯メールはそんなに気を使うところなの?会って口説いたほうが楽でしょ』

まぁ、実際に会って口説くことに自信がある方なら、多少そういう考え方を持ってもいいかもしれませんが、私のこのノウハウを知っている方には間違いなく勝てません。

申し訳ございませんが、会う前の段階で勝負がつきます。

断言します。

また、携帯メールをおろそかにしながら計画的に女の子を口説くことができる男は100%いません。

100%です。

当たり前ですが、携帯メールという必ずあるべき男女の接点を何も考えないでいるということ自体が無計画だからです。



また、なぜここまで私は携帯メールを重要だと言うのか・・・


その理由は、あなたは狙っている女のコと一緒にいる時間といない時間
どちらが多いか?

この1つの質問が教えてくれます。


残念ながら、あなたは一緒にいない時間の方が多いと思います。


その離れている時の最強の恋愛ツールは・・・
もちろんあなたもそうだとは思いますが携帯メールです。


また、携帯メールは電話にはない最高の機能があります。
それは、書き直しができる。

毎回、あなたの話す言葉に修正と確認が出来るということです。

ですので恋愛に奥手だったり、口説くのが上手に出来ないあなたにとっては、1番口説きやすいツールになるんです。

その上、携帯メールを上手に使うことが出来るようになると、

■信じられないくらい出会いが増えます。

■今までの失敗がウソのように彼女からあなたに食いついてきます。

■女があなたに会いたいと叫んできます。


でも、不思議なことに・・・


これほどの破壊力をもった携帯メールなのに、大事さに気付いていない人が多い。

もったいないですね。

続きはこちら




______________________________________________
歴史、時代小説に詳しい方々にお願い。堀達之助、中島三郎助、ヴェルニー、小栗上...
歴史、時代小説に詳しい方々にお願い。堀達之助、中島三郎助、ヴェルニー、小栗上野介。幕末から明治の横須賀の歴史について、興味を持ちました。時代、歴史小説に彼らが登場するものはありませんか。ペリーが来日した時に交渉にあたった浦賀奉行所の与力が中島三郎助、通訳が堀達之助。横須賀の造船所を作った、小栗とヴェルニー。それぐらいの知識しかありません。できれば、小説でも彼らの活躍を読みたいのです。よろしくお願いします。(続きを読む)


おすすめの歴史小説を教えて!
おすすめの歴史小説を教えて! 大河ドラマでは、「葵 徳川三代」(2000年)と「義経」(2005年)が面白いと思ったし、小説では、吉川英治の「宮本武蔵」と司馬遼太郎の「竜馬がゆく」を読み進めています。 それで歴史小説というジャンルに興味を持ったのですが、おすすめの本を教えてください。とりあえず候補に挙がったのは、山岡荘八の「徳川家康」ですが、全26巻もあるので手を出すのに躊躇しているところです。 他に何かありませんか?どんな時代でも構いません。 できれば古い時代から新しい時代にかけて読んでいきたいので、年代順におすすめを並べてくれると、うれしいです。(続きを読む)


このミステリーがすごい!
このミステリーがすごい!毎年発表される「このミステリーがすごい」のランキングですが、1位は大賞ということでいいのでしょうか? 今年の1位は「独白するユニバーサル横メルカトル」となっていますが、大賞は「ブレイクスルートライアル」ですよね。 毎年「このミス」自体の冊子は買っていませんが、読みやすく楽しめるので毎年本屋で帯についている「このミス○位」なんて売り文句でホイホイ買っては読んでいます。 今日ブレイクスルートライアルを読了し、2位の制服捜査も購入して・・・っと他のランキングには何が入っているかな~ってネットで見たら、独白するユニバーサル横メルカトル?あれ?ってなりました。 何年も読んできて今更・・・って疑問ですが、どなたか教えてください。(続きを読む)


日本でビデオ化されてるような、スパイ映画(ドラマでもいいんですが)ってありま...
日本でビデオ化されてるような、スパイ映画(ドラマでもいいんですが)ってありますか?もしあったら教えてください。アクションシーンのあるものでお願いします。「スパイ・ゾルゲ」以外でお願いします。(続きを読む)


歴史の知識が戊辰戦争から西南戦争までまったく欠落しておりまして、西郷隆盛を中...
歴史の知識が戊辰戦争から西南戦争までまったく欠落しておりまして、西郷隆盛を中心としたそのあたりを小説で読みたいと思ってます。ある程度史実に沿った小説で面白く読めるものがあればご紹介ください。(続きを読む)


司馬遼太郎の「竜馬がゆく」を読みました。竜馬が死んでから、歴史は鳥羽伏見の戦...
司馬遼太郎の「竜馬がゆく」を読みました。竜馬が死んでから、歴史は鳥羽伏見の戦いや江戸城無血開城、白虎隊と続くようですがその続きが書いてあるお勧めの本はありませんか??(続きを読む)


冒険小説
冒険小説長編の冒険小説を読みたいと思っています。戦争や革命を題材としたものを読みたいです。なにかオススメはありませんか?できれば外国の方の小説がいいです。(続きを読む)


ナチスドイツに関する小説というのをご存知の方、教えてください。特に親衛隊が出...
ナチスドイツに関する小説というのをご存知の方、教えてください。特に親衛隊が出てくるもので当時の様子が良く分かるようなものをお願いします。(続きを読む)


今年の「このミステリーがすごい!」の日本、海外のベスト3を教えてもらえませんか...
今年の「このミステリーがすごい!」の日本、海外のベスト3を教えてもらえませんか?(続きを読む)


政治的駆け引きのある小説で、歴史にできるだけ忠実なものを探しています。
政治的駆け引きのある小説で、歴史にできるだけ忠実なものを探しています。昔、蒼穹の昴やプラハの春(とその続編)などは面白く読んだのですがこのようなリアリティトとスリリングさのある小説を探しています。オススメなものがありましたら是非教えてください。ちなみに活字中毒は自負しておりますが、「小説」を読むことから種々の理由から離れておりました。読み応えのあるもののご推薦、期待しております。(続きを読む)



駿女 佐々木譲 中央公論新社
こんなに昔の時代が題材なのにとても生き生きとした人物描写です。 この著者佐々木譲先生の作品ははずれはありません。 ほぼ100%読破してますので保証します。 amazonで検索の際は、『佐々木』と『譲』の間にスペースを入れて検索してください。(続きを読む)


『うたう警官』 佐々木譲
その代わり、今年の警察物と言えば佐々木譲!! ワホワホと読みました。 婦人警官が殺された。彼女の恋人は、『歌う』疑いのある刑事だった。警察は彼の射殺命令を命ずる。だが、かつて彼と苦難を味わった一人の刑事は、彼の無実の為、秘密裏に捜査を開始 ...(続きを読む)


佐々木譲「武揚伝」を是非大河に
来年の大河は幕末。次はまた戦国。となると次はまた幕末ものでしょうか。であれば、そろそろ榎本武揚を取り上げてほしい。原作はもちろん、新田次郎文学賞の佐々木譲「武揚伝」で。かつて佐々木作品をドラマ化してきたNHKだから異論はないはず。 ...(続きを読む)


この本も、いいです 佐々木譲 『うたう警官』
佐々木譲 『うたう警官』 うたう=証言する、密告する。 警官殺しの容疑をかけられた刑事に射殺命令が下された。 有志たちによって...(続きを読む)


親子3代にわたる時代との格闘、佐々木譲「警官の血」
警官の血(上・下)/佐々木 譲/新潮社2.赤朽葉家の伝説/桜庭一樹/東京創元社3.女王国の城/有栖川有栖/東京創元社4.果断 隠蔽捜査2/今野 敏/新潮社5.首無の如き祟るもの/三津田信三/原書房6.離れた家/山沢晴雄/日本評論社7. ...(続きを読む)


笑う警官/佐々木譲 読了
笑う警官佐々木譲 著(2007/06/24 読了) ハルキ文庫 ¥686- ¥720-(税込) ISBN978-4-7584-3286-3. なんと佐々木譲氏の作品は初挑戦でした。 大昔に「エトロフ発遙かなり」を TV (NHK)で見て以来、 すっかりファンになったつもりで実は読んでいなかっ ...(続きを読む)


とにかく、素晴らしい! 佐々木譲 『警官の血 上』
佐々木譲 『警官の血 上』 帝銀事件が世を騒がせた昭和23年。 希望に満ちた安城清二の警察官人生が始まった。 配属は上野警察署...(続きを読む)


佐々木 譲 著 『警察庁から来た男』
警察庁から来た男. 警察庁から来た男. posted with amazlet on 07.12.15. 佐々木 譲 角川春樹事務所 (2006/12) 売り上げランキング: 13239. Amazon.co.jp で詳細を見る. 北海道警察に警察庁から監査が入った。 『うたう警官』に継ぐ「道警シリーズ」第二弾.(続きを読む)


[読書生活] エトロフ発緊急電 佐々木譲
「まかせたぞ。この帝国を、滅ぼしちまってくれ」. エトロフ発緊急電 (新潮文庫). エトロフ発緊急電 (新潮文庫). 作者: 佐々木譲; 出版社/メーカー: 新潮社; 発売日: 1994/01; メディア: 文庫.(続きを読む)


警察庁から来た男 佐々木譲 読みました
佐々木譲さんは昔から好きな作家さんです。この作品は うたう警官 の続編でした。うたう警官は なんだか もうひとつ というイメージだったんでどうか...(続きを読む)



スポンサーサイト
  1. 2008/01/08(火) 07:45:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kdfsgirsd.blog110.fc2.com/tb.php/275-48bbaa3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kdfsgirsd

Author:kdfsgirsd
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。